店主の古書 時々愛猫日記

493

こんにちは☆

松浦です。

今日はしとしと雨で朝の気温が13℃のベルリン。
ちょっと寒いです



そろそろ
古書巡りに出かける時間ですが....
もうしばらく降らないで耐えてほしいですね 

ところで最近
こんな1冊を登録いたしました♫

本当にいろいろなデザインで登場しております
”ゼッキンゲンのラッパ吹き”なのですが

本書はひときわ豪華ですね。

画家さんによる本格的な
イラストページもございます☆





詳しくは商品ページより....↓
http://archangel.ocnk.net/product/2064


そうそう、

こんな寒い日は....
パソコンの前がダブル湯たんぽになっています。



こんにちは☆

松浦です。


今回は昨日の古書の市でのラッキーな出会いにより
またまた古い時計のご本がやってきました...!

いつもいつもお世話になっている
市に本を出品される本屋さんが

”こういうの、絶対好きでしょう?”


わざわざ確保して出してくださった素敵な1冊
のうちの1つです♫

そう、古書発掘場所で
ひしめき合うおじさま、おじいさま達の中で
ただ一人。

毎週欠かさず出没する謎のアジア人女性である私は
顔を覚えてもらいやすく、
何かと良くしていただいております。



そんな、現地のおじさま古書店オーナーおすすめの1冊
はこちらなんです。








http://archangel.ocnk.net/product/2048


表紙の懐中時計の蓋に描かれた絵は
ローマへの出発を3日後にひかえた
クレオパトラのところに
籠に入ったイチジクが差し出されるシーンです。

この籠の中には
あまり苦しまずに死ねる毒
(↑クレオパトラ自ら囚人を使って毒のまわり方を事前に確認したそうです)

をもつコブラの一種が
潜んでおり、この蛇に噛まれて自害したのだとか ..


西洋絵画のテーマとしては
クレオパトラの饗宴や女王につくシーンなど
人気のシーンが有る中
何故この奇談を時計に描いたのでしょうね!?


追記ですが...


同日とても素敵なフレーム入りの絵も
入荷しておりました☆

骨董市のいろいろなモノの中で輝いていた
ロココな雰囲気溢れる
フランソワ•ブーシェの絵のパネル入り壁飾りでして







(現在は販売を終了しております)

スーーーーと
惹き寄せられるような出逢いでした...

昨日はお昼には結構なザーザー雨が降っており
天気予報でも雨だったので出かけようか一時迷ったのですが
暗〜い雨雲が待ち構える中
古物散策に出かけて正解でした^^





















こんにちは☆

松浦です。

ベルリンは現在再び13℃になり
3日前の気温マイナス20℃です*:`( ゚д゚*)!!

気温差がありすぎて着るものが定まらず...

我が家の猫達も
暗闇の冷たい床とひなたの毛布を行ったり来たりしていますね


ところで
先日リクエストをいただきました素敵なお空の古書








天の川のような表紙の星柄が綺麗なアンティーク本です

先ほど再入荷いたしました♫


お問い合わせ頂いたお客様、早速ご連絡させていただきました!
長らくお待たせ致しました





こんにちは☆

松浦です。

私がこのショップの運営でお世話になっている

おちゃのこネットさんが
最近新機能の(?)テンプレートを導入されておりましたので

お、使ってみよ〜う♫


と、
何気なくHPをいじりはじめたところ

いつしか5時間半が経過.... (^-^;;;;;;)

気づけば、もう後戻りはできない状態になってしまい
その後破壊的な経過を辿りつつも
なんとか再び、形を取り戻しました!


そのような事で本日はきっと1日中、
見にくいページばかりだったと思います。
毎日見てくださっているお客様、大変失礼いたしました


しかし、現在の仕様ですと
ページを大きく表示できるようになったり
ブログに前は極小のサイズの写真しかフィットしなかったのですが
ちょっと大きい写真が載せられるようになったり

100アイテムを一度に表示できたりと
何かとハイテクな機能が備わったハズです...!


今ですね、
大きな星占術の本が入荷しましたので
概要を読み解いているところです。

私が把握し次第掲載したいと思います♫







それでは
今後とも宜しくお願いいたします^^


”ペコリ”


こんにちは☆

松浦です。

本日は涼しげで、夏らしい感じの
貝のご本が入荷いたしました♫



リアルな着色の貝イラスト多数でございます^^





海の音が聞こえてきそうなデザインで
夏らしい雰囲気ですね。

貝のご本はもう1点入荷しているのですが
また、追ってご紹介したいと思います。


それから
やはり夏らしいものと言えば、、、、
ドイツはこの夜の明るさでございますね。


(夏期の免疫力強化計画で22時には寝よう!
と意気込んだのですが...)

夜暗くならないのでなかなか眠くならず
朝はいつも通り早く目覚めてしまうので
睡眠時間だけが短くなりつつあります^^;





こんにちは☆

松浦です。


昨日は
格好良い古書を1点登録いたしましたので



http://archangel.ocnk.net/product/2029
是非よかったら御覧になってみてください^^
アンティークの置き時計や懐中時計のコレクション
となっております♫


その後、
ベルリンも夏の暑さが徐々に増してきたかと思えば
あれよあれよという間に35℃まで上がってしまい?!

今日は発送後、どこにも寄らず直帰いたしました。



まあ、
ドイツの35℃は湿度がないので
日陰に行けば涼しい感じではあるのですが

慣れない暑さに
猫達は早くも音をあげております。


いつものソファー↓
"クっ...暑い....ここでは寝られニャい..."



本棚↓
”お....ここはどうかニャ?”



ゴロン...あ、暑いニャ 却下。



やっぱり
ひんやり処は椅子の脚に限るニャ〜
ハぁ〜しっぽり。。。




弟よ、
棚の天板に


こうして寄り添うのも悪くニャいぞ...




我が家の五つ星ホテルサービス↑
”氷枕!!”






こんにちは☆

松浦です。

昨日はなかなか格好良い古本が加わりまして
早速登録いたしました。

世界のイメージを集めたものなのですが、

今の世界地図の形が出来上がるもっともっと昔に

賢い人々の頭の中で描かれていたような世界のイメージや

お空の世界も含めて宇宙規模、

さらには神話規模のイメージもございます☆


http://archangel.ocnk.net/product/2016

不思議好きの好奇心を煽る1冊でございますね^^

ところで
今年の日本は早くも36℃に至る程の暑さなのだそうですね。

日本各地のお客様皆様が”既に猛暑です”とおっしゃるので
夏到来の早さに驚いております...!

ドイツは何事もなく肌寒いので
うっかり父の日にまたチョコレートを送ってしまいそうになりましたが...そんなに暑いのであればもう溶けてしまうでしょうね〜。

こうなったら
自分で食べるしかないですね♫







そう、
彼らが眠っている隙に....!!!


ポカポカ窓でお寛ぎ中

こんにちは☆


松浦です。

昨日の29日はドイツの祝日であったようで、
いろいろと抱えて郵便局に行きました所
なんと閉っておりました!!

ワワ アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!! アワワ

しかしながら
少し場所を変えると受付が開いている所があったのでそこから発送は承りました^^

そのような事でご注文いただいた皆様ご安心くださいませ♫

それから本日は、
お手頃で格好良いお品を、1点登録完了いたしました。
他も今少しずつ登録中なのですが
ひとまずこちらから...





スコットランドの文学ですが、
本書はドイツ語訳版です。

(和)湖上の美人というそうで、
日本語訳も出ております!

革の装飾部分が渋い1冊です、インテリアにもいかがでしょう。




さて、
今朝の事ですが
珈琲を入れながら...
トーストを焼いておりました。

その間にメールの確認をしようと思いまして
兄猫にトーストを見ているようにお願いしたのです。

”(。-_-)ノじゃ、お願いね〜3分焼いてちょうだい。
出来たら呼んでね〜”





”任せたまえ 







”よしッ、10秒前、9、8、..."


"7、6、5、4、3...."






ニャーーーーーーっ!!!!






かるたの如く、
瞬速で手を伸ばしてきたのは
もちろん弟猫でした

因みに
彼は猫でありながら猫舌でもないので
盗んだ物は例え熱々であってもペロリと瞬時に飲み込み
何事も無かったかのように去ってゆきます

´Д`
こんにちは☆

松浦です。

月末でございますね〜
いろいろと
まとめなければならないお仕事があり
完全にあたふたしておりました。



(大変もうこんな時間.....)


そのような事で
出品中の”coming soon! “が
長引いてしまい申し訳ございません><


そんな本日でしたが
素敵な古書を1品陳列いたしました^^


http://archangel.ocnk.net/product/2001

鉱物自体、ヒーリングストーンとして
人の心を癒したりしてくれたり、
直感を高めてくれる小さな宇宙で凄いのですが。

ナチュラルに美しい鉱物イラストからさえも
何かミステリアスなパワーが伝わってくる気がします。





本書は50年代の古本なのですが、
結構古書の市などでは
型くずれした状態でみつかったりするので
なかなか入手できませんでした。

そして...


気が付けば1年ぶりくらい(?)の
再入荷となっておりました。

月日が経つのは早いものです!


あ、それで思い出したのですが!
ある方がとても良い事を言っておられたのです!


若さを保つ技=老けないコツとは!

なんだと思われますか?



ビタミン??運動? 睡眠? 抗酸化作用? 


いえいえ 


”日々を楽しく”生きる事なのだそうです♫



つまり、
たった1年であっても、
すごく苦労をしたらどっと老け込むけれど

楽しい時間はあっという間に過ぎ去るので
その分、年をとらないのだそうです^^



そんな事を聞いたものですから

今後10年で3歳しか老けない事を目標に
”毎日楽し〜い!!”と意識して過ごそう
と、勝手に決意したのでした。








こんにちは☆

松浦です。


本日は豪華アンティーク洋書を
いろいろと追加しまして、

日曜日の古書の市からのお手頃品で
イラストの可愛らしい
キノコ&ベリーのご本も登録いたしました♫







背景の色や一緒に描かれた草花などが
これまた素敵なのですよ^^


ところで
連日お天気の良いベルリンですが

今日は朝から結構暑かったのです。

そのせいか、気が付くと猫君が1匹行方不明でした。

猫達はちょっと暑くなるとすぐに

ひんやり♫を求めて旅に出てしまうので


戸棚の中やクローゼットの闇の中など


至る所で遭遇します。


しかし、
今日という今日は1匹なかなかみつからない....


ちょっと、そこのお兄さん₍₍ ◟(•ૅ ॄ •ૅ๑)◞ ₎₎相方は?



”知らニャ〜〜〜ぃ prrrrrrr”


ヾ(´ o`)ノ゚ お〜い、どこだ〜い どこだ〜い???


と、
その時はるか上方から


”ニャん?”という声。

こちらを見下ろし



前足をまっすぐに挙げて
元気よくお返事する行方不明者を発見!


あらぁ、こんな高いところにいたのね〜


”ニャんか用? ”


⸜₍⚛•⌣•⚛₎⸝ ...いえ別に



”ニャんやそれ ”


特に用が無い事がわかるや否や
そんなセリフを吐き捨て


面倒くさそうに肉球をひっこめたかと思うと
たちまち眠りの国へと戻っていきました。







こんにちは☆

松浦です。

とっても素敵なご本が入荷いたしました

(80年代の書籍ですが内容は100年以上前の復刻版)




http://archangel.ocnk.net/product/1983
以前にもご紹介した事のある
お気に入りのイーディス•ホールデンさんの自然観察絵日記ですね。

今回はご本が独訳、ペーパーバックでお手頃です。
イラストはたっぷりです♫

ちょうど今日のベルリンは、快晴に恵まれ
このご本の世界感同様に素晴らしい日でした♫


なんという公園日和☀
という事で
今日は久しぶりに青空オフィスでお仕事でした。


ちなみにこの街は
ヨーロッパの大きな都市の中では最も緑が多いそうです。

水着の皆さんが日焼けする為に寝そべっている
湖(池?)の岸に少し座っていましたら

まーあ、
目の前のお客さんがつぎつぎ変わって面白いんです。
なかなか良いシャッターチャンスがないのですが
少しとらえました。


小鳥さんの水浴び
何回も何回もやってきてピチピチします...



からす?も意外とお風呂好き
半身浴でトコトコ歩きます。




グース。。。奴らはかなり人懐っこく
パンを持っていたらこぞって上陸します




え?!どこからともなく
わんこ....!




にゃんこ....!は


”起きたよー、ごはぁーん。”



天気関係無しインドア派。



日本はそろそろ
梅雨がやってきますね☂

雨の日は頭痛になったりどこか不調に感じられるものですが
雨の日は体がお休みモードになり
その間身体の悪い所を癒そうと働いているのだそうです。

具合が悪く感じられる=自分メンテナンス中
というような事なら
梅雨は復活のチャンスですね!

皆様もお元気で夏をお迎えくださいますように

ーー追記ーー

癒しで思い出しました。
昨日、凄く良い古書が入荷しております☆
たまたま立ち寄った古書店で発見





素敵すぎる挿絵はルートヴィッヒ•リヒター
赤ずきんちゃんなど昔話コレクション、
しかも古いインゼル文庫ときました。

挿絵ファン、童話ファン、インゼルファンの
皆様にもおすすめしたいわくわく古書です。



こんにちは☆

松浦です。
かなり久しぶりの日記の更新となってしまいました。
本日は母の日でしたが、皆さんは何かされましたでしょうか。

私は今年、実家の母には
かなり実用的なプレゼントを用意しました。

梅雨入りも間近ですので、
新しく清潔なまな板で健康な日々を...と思いまして。

まな板...!
を贈りました(笑)

ちなみに、
松浦自身は自称”猫ママ”ですが


今日も平常と変わらす
”ご飯くれー”のベットダイブと
猫パンチをいただきました。



毎朝欠かす事なく、
確実に寝込みを狙うお取り計らいで

我が家は目覚まし時計要らず!



私が観念して立ち上がるまで繰り返し自動更新する
スヌーズ機能もついています!





そんな母の日の本日、
ご紹介するのにぴったりの?!
マリア様のコレクションがこちらです。


http://archangel.ocnk.net/product/1946

本書には15、16世紀の主要な作品、
そして17世紀の作品が少々と
14世紀の作品が僅かに含まれます。


この本の制作にあたっては7年間検討さていた
との事ですが、1915年ついに出版が決まったそうです。

そんなテーマの1冊ですので
読むと、美術史の知識が高まるだけでなく
静寂で心温まる聖母子像の絵が
戦後間もない時代を生きた人々の心を癒したのでしょうね。

(※本書自体の発刊は1940年頃です。)

本書のコレクションはカラーの絵は含まれませんが、
私の特に好きな作品の画像をひとつ
引っ張りだしてきました。



参考 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%86%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%9B%E3%83%8A%E3%83%BC

P13ページの
Stepfan Lochner 
Madonna im Rosenhag

ケルンで活躍したロッホナーの薔薇垣の聖母
とか薔薇園の聖母子とよばれる作品。

マリア崇拝の最高潮を迎えた中世末期、
天使やバラに囲まれたする燦たる世界の中で
柔和な笑みを浮かべる、

クリスマスカードでお馴染みの
あのマリア様ですね。


背景のバラは、天の楽園を意味し
赤い色は殉教を表していたり、
青色にも白色にも
意味があります。



本書を手にとった際、
フッと体を取り囲むような、
不思議な癒しの空気を是非ご体感ください。



こんにちは☆

松浦です。



美しい骨董品が市などからいろいろと...
やってまりました。




シャビーな古書や、
カップも徐々に登録いたします。

ハンドル部分が特に素敵な大きめベルは
個人的には大変気に入ってしまいました。


私の持っていたベルより一回りも大きく
高さ20cm近くございます。

置き場に困らない程の存在感です。



振るとと、かなり大きな音が鳴り
ビックリしました。

広いお宅にお住まいの方、
”ご飯ですよ〜!!”の集合合図に実用可能です。



ところで、
ご飯で思い出しましたが

松浦家ではまたも怪奇現象が起りました。


さっき買って帰ってすぐに
キッチンのテーブルの上に置いた



人参が...
ちょっと目を離した隙に
袋から一本脱走し
負傷して床に横たわっていました。

おかしいなぁ〜



今、家には私と



昼寝に勤しむミニライオン
が2匹だけのはず



それなのになぜ
人参がこんな目に.....?


この家にはウサギの霊でもいるのかしら....
妙な考えが頭を過ります。



そして、
まさかね,,,,と思いつつも
ミニライオンを呼び起こし
おそるおそる人参を差し伸べてみました。



その結果がこちらです。



 
でろ〜〜ん...

と伸びて”要らな〜い。”とばかりに裏返る弟

=無関心と見えます。


そうだよね〜+。:.゚(*´ェ`):.。+゚ 人参なんかいらないよね〜。


やれやれ次はと...


Σ(´Д`lll)
するとそこには




”◎△$♪×¥●&%#?◎△$♪×¥●&%#?!!”


奇声(←特に美味しいと思った物に対し猫が発する自然音)
を発しながら
鋭い牙で生人参に豪快にかぶりつくワイルドな...

いやむしろ
自然の摂理に反して、ベジタリニャンな兄の姿が!



他でもなく、君だったのか。


家猫の菜食趣味が然と確認された貴重な体験でした。
今後は人参すらも隠しておかなければなりませんね...


こんにちは☆

松浦です。


昨日とっても可愛らしいうさぎパン?


をいただきました。

まぁ、なんと可愛らしい包装紙...!
かなり適当に配置されたお目めもたまりません。

ドイツでは
テイクアウトでペイストリーを購入すると
このような包装をされます。


ですが、
これが例えクリームたっぷりのはみ出しそうなケーキであっても、
固くて丈夫そうな今回の様な焼き菓子であっても
ポンと紙皿の上に無造作に乗せられる包み方の基本は変わらず。

必要があれば
それにプラスチックのフォークを真ん中に
ブスッと刺して
”ハイどうぞ!”と差し出されるスタイルです。

日本ではさすがに
ケーキにフォークが突き立てられて出される環境は
ございませんので、初めてみた時は

┣¨━━━━(*゚Д゚*)━━━━ンとショッキングな出来事
でございました。


近年はむしろ、
まだ頼んでもいなかったのに
率先してフォークを突き立ててくださった、
このお店、親切だなぁ!
(*σ´∀`)σ+*゚。*。゚

ぐらい思う様になりました。

素晴らしい装飾品や技術をたくさん生み出してきたドイツですが
こと食の繊細さに関するもろもろは
ドイツ由来ではないとう事でしょう。


ところで先ほど登録いたしました
アンティークなのに結構明るいクリーム色で
可愛らしい印象の1冊。


本書は
フランツ•シューベルトのバイオグラフィー(伝記)
です。



現在はウィーンの公的施設に所蔵されてある
Ständchenとよばれる19世紀のセレナードの一部や
シューベルト直筆の楽譜の一部なども載っておりました。

例えばP89

Mirjam's Siegesgesang



本シリーズ Berühmte Musiker
(意)有名音楽家シリーズはこの度初めてご紹介いたしますが、
本書は第14番と書いてありましたので
他にもいろいろな音楽家のバイオグラフィーがあるようです。

インテリアとしても素敵なデザインです。
コレクションにいかがでしょう☆


ところで
上のシューベルトの肖像から連想してしまいましたが....

我が家にも
すごく癒し系で且つ肉食系なメガネ男子が
いたのです。

とは言いましても
視力は滅法良いので、
普段はまあメガネはしておりませんし
それどころか
その他にも何も身にまとってはおりませんが...


年に2〜3回程度、私がなんとなくプレッツェル


をいただく、その瞬間にだけ見られる
貴重なメガネ男子達の画像を大公開いたします。












意外と似合う系メガネ男子



有無を言わせず系メガネ男子



(いえ、正確には”ヤメロ”と申しております。)

妥協系メガネ男子



(やれやれ......これが最後だぞ と申しております。)


こんにちは☆
松浦です。

ドイツは現在4祝日中の3日目です。
この週末は暖かく素晴らしいお天気で、蚤の市もにぎわっておりました。
素敵な古書もいろいろと見つかりましたので
毎日、徐々に登録していきたいと思います。

昨日市から帰ってくると、裏庭の黄色いお花が一段と生き生き咲いており
ドアの周りがいい雰囲気だったので思わず写真を撮りました。



地面にもこんな子達がいっぱい。


ついでに
一目で気に入って買い付けた押し花入りのアンティークフレームも
ちょっとお庭の自然の中に置いてみました...

 

緑に覆われるシャビーなレンガの壁と、尋常でないお値段の冷凍納豆を見ると
ここは外国なのだなぁと....思い出します。

しかし、本物のお花をこんな風に挟んで飾るなんて
ヨーロッパにはおしゃれな事を考える人がいたものです。

プリザーブドフラワーとはまた異なる

2次元の乾いたお花。

この中には長く麗しい歳月が一緒に閉じ込められているのでしょう。

本品、後ほど登録完了させておきます。

それから、

のほほんとした水色の(ヤケてはおりますが)

素敵なレースの本も見つかりました。

表紙の文字も模様も↓

エンボスでぷっくりさせてあるので

実物は結構乙女な雰囲気です

早く中をお披露目したいのですが、

本日は撮影できず...続きは明日掲載いたしますね。


ところで、ちょっと騒がしい我が家

 

いろんな所からやってきたイースターうさぎ達が集合しています。

何を騒いでいるのでしょうか...


”ハッピーイースター!!!”






”僕は中がミルクで大きなキンダーうさぎ
国民的アイドルさ。”


”僕はみんな大好きラベンダーカラーのミルカうさぎ
春は需要がありすぎて大忙しだよ。明日には食べられちゃうけどね〜”


”私はちょっぴり高級、いいとこのリンツうさぎよ。
贈り物にいかが?
あらやだ 何かしら....ちょっと胸騒ぎがするわ....”


おうおうおう、そこのお嬢さん

 



良い鈴

つけてるじゃニャいかぁ〜?

クンクン....クンクン....クンクン....

 

 

頂きっ!!

 

ペシッ

キャアッ!!

こんにちは☆

松浦です。


先日入ったカフェにある雑誌が置いてありまして、

たまたまその時は本も持っていなかったので

適当に選んだ雑誌をパラパラ見ておりました。

するとその雑誌は2年も前のものだったのですが

スタイリッシュで、ロハスで、
おいしそう〜なページもいっぱいで
すっごく素敵な特集だったのです。

とても気に入ってしまいました!

帰って調べているとHPを発見♫
SWEET PAULという雑誌だったようで。
http://www.sweetpaulmag.com/latest-news/sweet-pauls-spring-2014-my-happy-dish-recipe-contest

なんとこのHPから過去発刊品を全て(?)
読む事ができるのです...!

最新号は
こちらのようですが



(まぁ、なんて可愛らしい表紙。)

インテリアの参考にもなりますが、
心が豊かになるヒントがたくさん含まれた雑誌でした。

その中から、
いいな〜と思ったページを勝手にご紹介。

初めてのお誕生日を森でお祝いしましょう〜♫
のような特集がありました。(2012年 秋号)



赤いとんがり帽子を冠って
こびとさながらの、1歳になったチャーリー君。



(あれ、不機嫌?でも森なら遠慮なく泣けそう...)



それぞれ動物のお面をつけた
家族のメンバーが食卓を囲み
たくさんのプレゼント、木の上にはずらりキャンディー...



キノコのマフィンも!!

コスト<家族愛

素敵なお誕生日会じゃありませんか....
゚+。*・感。゚(゚ノД`゚)゚。動・*。+゚

という訳で、
余談から入り長くなってしまいましたが

そんな自然のパワーを
感じていただけるご本が入荷いたしましたので
お好きな方に御覧いただければと思います。





見かけによらず、
植物の毒についての本なのですが!?



http://archangel.ocnk.net/product/1900




これは、
我が家のすぐ横を流れる川沿いの
ベンチなのですが(ブレていますね)
最近の私の場所です。






緑に囲まれた静かな場所で
珈琲を片手に
ぼんやりと眺めていたい植物本です♫


こんにちは☆ 松浦です。 ビーダーマイヤー様式の雰囲気に満ちた 水彩画集が入荷いたしました。

本書の中の絵は1820〜40年頃 ウィーンの劇場で上演されたオペラや劇の場面を 描いたもののコレクションなのです。 華やかな装飾や舞台のセットに見入ってしまいます♫

Das Mädchen aus der Feenwelt 1826年  劇 (おとぎ話)

Moisasurs Hexenspruch 1827 年 オペラ

Willhelm Tell 1830 年 オペラ

この水彩画の作者であり画家の Johan Christian Schoeller 自画像も載っていました。

 

昔のヨーロッパらしい絵のお好きな方へはもちろん

舞台美術や衣装関係のお仕事をされる方にも おすすめです♫

 

 

ところで、

唐突ながら、

我が家のキッチンと廊下の間にはドアがありません。

そのような事から想像に難くないとは思いますが

不良猫達による 不祥事が多発しております。

先日は帰宅すると冷蔵庫が開けっ放しになっていたので

あらッ!!? と思い駆け寄ってみると

自分で扉を開けて庫内に侵入した猫くんが

上段に入った猫缶(開封済)をみつけ もりもりと立ち食い中でした....

 

その後、

”ここならば、開けるまい...” と、

ハンドルなしのワンプッシュで開くタイプの電子レンジの中に

マフィンを隠しておいたのですが

ブツは香りで察知

肉球プッシュでこちらも難なくオープン

マフィンも食べていました.....ええ。もりもりと...

両開きの食器棚等はいとも容易く開けてしまいますし

ご丁寧に扉を閉めて事後工作にも抜かりなしです。

(天才じゃなかろうか)

 

知能犯↓ニャンでも開けるピッキングマスター (兄)

 

 

強奪犯↓兄の盗品、ニャンでも掻っ攫う横取り専門 (弟)

 

もはや、

あらゆる収納の前に何か重い障害物を置いておかなければならない。

困ったなぁ...

 

そんな苦悩の日々の末、ついに辿り着いた

我が家の戸棚現在 ↓↓↓

 

 

 

 

 

最新技術導入!! (”ちょうど良いものさし”による24時間の施錠体勢)

松浦の復讐劇はこうして幕を開けました

↑思惑通りに困惑中 うししし....)

これで1週間はもつでしょう....

こんにちは☆

松浦です。

フランスの女流作家さん
ジョルジュ•サンドの物語の
ドイツ語訳版の古書を追加いたしました。


http://archangel.ocnk.net/product/1868

見たい見たいと思いつつ、
まだ見ていない映画のひとつ
『ショパン 愛と哀しみの旋律』


の中にも出てくる作家さんの本です。

この映画、
ショパンファンの皆さんには評判がよろしくないようですが....

(ダビンチコードを見た時の残念感みたいなものでしょうか)

予告編の音楽を聞いただけでも私は気になって仕方ないです。


フランスついでに、
趣味のカフェレポートに入らせていただきます。

ここベルリンのティアガーデン周辺にも
フランスの家庭的な雰囲気が
体感できるすごく素敵なお店があるのです♫

”Mamsellchen’さんという名前のお店


HP
http://www.mamsellchen.de/fruehstueck.html

写真はお店のFACE BOOKに掲載されているものをお借りします。







カフェ兼パン屋さんです。

小さなお店の中には
アンティークの家具がさりげなく置かれて、
どのテーブルもイスもランプも古くて全てちぐはぐ
なのにもかかわらず...



実は全て計算しつくされた
おしゃれ上級者のレイアウトなんです。

ラジオ?音楽もフランスのもの。
洗面台に置かれたフランスでしか入手できない
ハンドソープ等からも譲れないこだわりが伝わってくるんです。
(聞いたところわざわざ買いに行っているのだそうです)

オーナーの方が
また凄くチャーミングな方で、
20年前はアメリだったんじゃないか。
と、連想させるような不思議のベールに包まれつつも
一人でいつもテキパキしていて,,,
それでいて必死感は無く余裕な感じです。

クールな立ち振る舞いからは想像できないほどの
可愛らしい声の持ち主で、
お年寄りにも優しく、魅力溢れるご夫人なんです。
(これがツンデレというやつでしょうかね)



もちろん珈琲も美味しいですし、
フランスパン専門の焼きたてパンを仕入れされているので
ドイツパンとは違ったパンが食べられますし、
(大体お昼には売り切れていますが)

朝食はチーズもバターも卵もバラ売り(?)で
好きなものをカスタマイズできます。

地元の皆さん同様、
私もすっかりこのお店のファンとなって通っています。

満席の事も多々あるので、そんな時は
また出直しているのです。

周りに他のカフェはいくらでもあるのに
ここでなきゃダメだ...と
惹き付けられるものがある
そんなカフェなのでした。


Elberfelder Str. 9, 10555 Berlin

9:00 am - 6:00 pm
https://www.facebook.com/pages/Mamsellchen/147059138795492





















こんにちは☆

松浦です。

昨日登録いたしました古書♫



インテリア向けのシャビーなご本なのですが
デザインと年季の入ったくたびれ感が
とても私の好きなものでしたので
仕入れしてみました。

それから今、登録中の
綺麗な状態の天使のご本もございます。



いろんな名作シリーズがあるこの青い天使柄のご本
以前にもシラーやシェイクスピア作品集などを
ご紹介しておりますが、
本書はシャミッソー作品集です!
かなり綺麗な状態で発色の良い青色です♫


ところで、
こちらは今日からサマータイムになりました。
これから日が長くなって
また、夜遅くまで明るい夏がくるのだなぁと
思うとちょっとそれもまた楽しみです。
ベルリンも周辺各国からの観光客が今すごく増えている印象です。

一方、我が家は去年末に
家探しに追われて流れてしまった旅行へ結局行けていないので
近場のチェコでもフランスへでも
そろそろお出かけしたいのですが。。。


なんて
思っていた最中
近場のスパリゾート満喫中!の彼を発見




洗えませんぞ、珈琲カップが...


ー数時間後ー





あ、ついに
よけてくれました
...ってまだそこに居たのね 


プールサイドの直射日光欲が余程気に入ったようです。









こんにちは☆

松浦です。

昨日までに急遽仕上げなけば成らない仕事があったので
最近古書を登録できておらず申し訳ございません。

なんとか間に合いホッとしております。


今から発送して参りますね☆
そして本日中には





鳥さんの挿絵が素敵な古書等
アップしたいと思います。

昨日、忙しそうに右往左往しておりましたら
家の皆さんが快く家事を担当してくれました。



”親分ッ 何から始めましょー?”



塩? ハイっ!
胡椒? ハイっ!



布巾? ....は
若干、届きませんニャ...



我々猫背なもんでぇ〜