古書Archangel ブログ 

512

こんにちは☆

松浦です。

ドイツはとても暖かいクリスマスとなり、
どうした事かと思っておりましたが^^

今朝、明るくなった頃にふと外を見ると




少し雪が積もっているではありませんか〜〜☃ 
そして、誰かが早速雪かきをして通り道を作っている....

ちらほらと降る事はあったのですが
この冬初めての積雪にちょっとわくわくしております^^

この週末は寒い中、蚤の市へも行ってまいりましたが、
やはりもう出店がわずかとなっておりますね。

しばらくは古書も国内外のアンティークショップから
手配する事になりそうです!


という事で、
ディスプレイに最適なお手頃古書セットが1組ご用意できました。









単品で販売中の豪華アンティーク洋書と同じ様な
デザインながら、

少し使用感が目立つかな?というお品を含みますので
随分お手頃にご用意しております。
とはいえ、
概ね良好ですのですぐに壊れるような状態ではございません。



さて、この場をお借りして
一言年末のご挨拶をさせていただきます。

長くお付き合いいただきているお客様、
今年巡り会う事のできたお客様、
2014年も古書Archangelを応援していただき本当に本当に
ありがとうございました。


ご家族の皆様とも
お元気で良いご年末をお過ごしくださいますよう
心よりお祈り申し上げます^^


ちなみに、
古書Archangelは私が旅行中でもない限り
年中無休でございます´ω`ゞ
いつでもお気軽にお問い合わせくださいませ






こんにちは☆

松浦です。 ”永遠の花”という意のタイトルのもとに集められた

美しい詩選集が入荷いたしました。

以前から欲しいと思っていた 1冊であったのですが、

今回は初めて綺麗なお品が入手でき本当に感激でした。

http://archangel.ocnk.net/product/2496

四季を愛でる心は万国共通のようです。

色とりどりの景色を描いたイラストページに

まずは目を奪われてしまいそうです。

しかし、 それだけではございません。

本書はなんと 全てのページの右上または左上に花々の挿画がございます。

原っぱの石に腰掛けて読書し、

膝下にはあらゆる草花が揺れている...

そんな光景を想像させてくれるのです^^

凝った装飾頁を愉しみながら読みすすむと

古人の言葉が心の奥深くに浸透してゆくようです。

読む人の心に、

そんな永遠の花をいくつも咲かせてきた1冊に違いありません。

本書を眺めていて思い出しましたが、

先日、日本の素晴らしい工芸品で有田焼万華鏡なるものが

あるという事を知りました。

開発者の方が、 昔大病を患い入院した際、

寝たきりの患者さんに出会い、持っていた万華鏡を見せたところ

その方が大変感動され喜ばれたので

それが有田焼万華鏡開発のきっかけとなったと語っておられました。

綺麗なものは人の心を穏やかに癒してくれるばかりではなく

時には高揚感を与え、しっかり元気づけてくれるのでしょうね。

こんにちは☆
松浦です。
12月に入りベルリンはすっかり零下の日々です。
今日は公園の大きな水たまりもすっかり凍っておりました!
これからは注意して歩かなければ道も滑りやすくなりそうです。

来月には
マイナス15度ぐらいになるのでしょう...


ぬくぬく猫まんじゅうを抱え、
ひらすら雪景色を眺める日々が
間近に迫っております...!

ご近所の皆さんも一斉に冬ごもりの体勢を整えているのか
スーパーの棚から最近商品が極端に減っている気がします^^;


さて、

本日はそんな冬の日々に
彩りと元気を与えてくれるような
古書のお写真でも...






http://archangel.ocnk.net/product/2488






http://archangel.ocnk.net/product/2452


ヒーリング植物や夏の木と薔薇の本など

カラフル図版多数で元気いっぱいの古書が続々と
入荷しております♫

花咲く夏の庭景色を切り抜いて集めた様な
素敵なガーテン本ですね^^

洋古書がお好きな方々への
クリスマスギフト用にもいいかもしれません♫
こんにちは☆

松浦です。

今週末の買い付け品を
今ちょこちょこと登録いたしております。

お裁縫•刺繍関係の素敵な印刷物があったのですが
こちらでご紹介する前にお嫁にもらっていただきましたので
また今度お探ししておきますね^^

大きなアンティークの聖書も入荷いたしました。








大型の書籍は日本への送料が
やや高くなってしまうので
なるべく買い付けをしないのですが

この聖書は
御覧のとおり大変美しいイラストページを含んだ
希少な1冊でしたので
ご用意させていただきました^^

表紙に型押しされた十字架中央には
ΑΩ(アルファオメガ)の語句が見られます。

これは冒頭にあるfamilien Chronik
(この聖書を所持した家族情報)のページの
天使が抱える本の中にも同じΑΩが描かれておりますね。

これは教会のステンドグラスのデザインにも見られるものです。

新約聖書に登場するもので、
ヨハネの黙示録にある主の言葉
”私はアルファであり、オメガである”
が起源のようです。


物事の最初(Α)から
物事の最後(Ω ギリシャ文字で一番最後の文字)を表しており

キリスト教神学ではこの
”アルファでありオメガである”という言葉は
”永遠である””すべてである”といった
意味をもつのだそうです^^


それから、もう1点神秘的な古書が
入荷しております。






星座や宇宙に関する図版の
素敵な古書で、人気のテーマの1つです。

インテリアやディスプレイに
いかがでしょう♫



こんにちは☆

松浦です。


当サイトでご紹介する古書の中では
ご指名件数ナンバーワンかもしれない人気作が
1品、再入荷しております。





http://archangel.ocnk.net/product/2398

目のやりどころに困る程、
素敵なご本ですから....
是非そっとお手に取って御覧いただきたいものです。

そして、
イギリスの古いブローチも
1点登録完了した所でございます。



http://archangel.ocnk.net/product/2400

都会のアンティークイベントでは
これは欲しい...!と
思ったものは高額で
なかなか手が出せないという
アンティークアクセサリー。

今回はご縁に恵まれ
何個か私好みの品々をドイツへ連れて帰る事に成功しました^^


海外旅行中に購入しようと思って
頑張って結構歩いたけれど

結局買えずに帰国(;´Д⊂)!!
...という事を経験された
アンティークファンのお客様は
これを読んでくださっている方々の中にも
きっといらっしゃるのでしょうね。


それから、今さっき
仏蘭西のとても古い(約180年前の)
古書が無事ベルリンに届いたのでこちらも登録しました^^


http://archangel.ocnk.net/product/2399
詳しくは商品ページより御覧いただければと思います。


さて、
我が家のモットーは

”開けたら閉める。
出したらしまう!”

ということで、大切な古書も猫くんも
おやすみ前にきっちりと棚にお片付けです。













こんにちは、
松浦です。

品定めをしている間にもあれこれと手を出しすぎて
長い間、出品しかけのままでした
ドイツのアンティークのロザリオと
ベルベットの賛美歌集ですが、
やっと登録いたしました。







ロザリオの方は、
センターメダイ、真珠母貝での数珠(59)、
磔刑像、もう1つのメダイから成るお品で
19世紀のバイエルンで製造されたロザリオと思われます。
http://archangel.ocnk.net/product/2223

一報賛美歌集の方は
プロテスタントのお品ですので
同内容のご本はベルリンでは多い方ですね。
しかし、ベルベット表装でこれだけ保管状態の良いお品は
類稀と言えるでしょう。
http://archangel.ocnk.net/product/2392

詳しくは商品ページに記載させていただきましたので
お好きな方は御覧いただければと思います。
特にマザーオブパール数珠の
お手頃なアンティークロザリオは
日本ではなかなか入手困難だと思いますので
お探しであった方にはおすすめですね^^


こちらベルリンは
今日は久しぶりの晴天に恵まれました。

窓際は朝から秋の陽気に包まれ....


猫たちもまどろみ倒しております♫








こんにちは☆

松浦です。

もうベルリンに戻っております。

3泊でしたがロンドンに暮らす友人夫婦にも会え 楽しい小旅行でございました^^

お問い合わせへのお返事が遅くなってしまったお客様、ご迷惑をおかけ致しました。

ロンドンは以前に、数ヶ月だけ住んだ事があるのですが

8年程?!見ない間に凄く街は変化しており

完全に迷子状態で^^新鮮でした。

 

今回この旅で、私が一番訪れてみたかった場所!

それは ロンドンのある有名な...というよりは知る人ぞ知るような古書街

”Cecil Court ”という小さな通り(とその周辺も少々)

両側に古書店や古い印刷物を扱うアンティークショップが軒を連ねており

古書好きにとってはなかなか楽しいスポットなのです♫

Cecil Courtの古書店で、

当店でご紹介しているような 古い書籍を買おうと思うと

1冊最低45ポンド以上するので多分仕入れにはなりませんが...

特定の古書をイギリスでお探しの場合は1カ所に沢山の古書店が集合しているので散策しやすいと思います。

ハリーポッターシリーズで有名な J・K・ローリングのサイン本など希少品が置いてあったりもしました...!

私はホテルで朝食をとって直ぐに訪れたのですが

大半のお店が11時開店で閉っており、待ちました。

ここへ行かれる方はどうぞゆっくりとご出発ください。

ちなみにお昼の休憩で閉ったり、 夜は6時ぐらいには閉るのお気をつけください☆

場所 Between Charing Cross Road & St. Martin's Lane

 (最寄り駅 Leicester Square )

それから、

ロンドンからバスや列車で2〜3時間の所にある イングランド第2の都市

バーミンガムのアンティークマーケットへも行ってみました^^

写真http://www.dailymail.co.uk/travel/article-2298309/Weekends-Birmingham-Archers-star-Tim-Bentinck-reveals-favourite-haunts-city.html

この、いい感じに苔むした セント•マーチン教会の裏側で なぜか平日、月1回開催されるようです。

ロンドン滞在中 バーミンガムへもついでに行かれるアンティークファンの方々はせっかくですので

この日を狙って旅行されると いいかもしれませんね^^

次回の開催日は11月19日だそうです

バーミンガム•アンティークフェア スケジュールはこちら(英)

ここに古書もあるかな〜と思ったのですが今回は印刷物はほぼ見当たらず、

あらゆる小物やアクセサリー、食器等がありました。

ちなみに、このセント•マーチン教会は歴史的な佇まいに似合わず設備がハイテクで驚きました。

スクリーンがあったり、入り口が自動ドアであったり、

カフェテリアやWifi まで!

 

そして、

バーミンガムではなんと毎年冬には”ドイツ式本格クリスマスマーケット”も開かれるのだそうです☆

ドイツに来る時間のない方は是非、 ロンドンからバーミンガムへ足を運んでみてくださいね

イギリスのクリスマスマーケット情報はこちら

写真http://www.dailymail.co.uk/travel/article-2493572/The-best-Christmas-markets-UK.html

さて、そのような事で

バーミンガムで入手してきたアンティーク小物も明日は少し登録したいと思います♫

英キリスト教関係メモリアルブック(緑)6300円、黒いベルベットのドイツの賛美歌集9300円

英スカーフ留め3300円、英アンティークブローチは4300円、4800円

詳細は追って掲載いたしますので商品ページにて...

 

さて、こちらはもう猫湯たんぽでは間に合わなくなったので、暖房を入れました^^

向寒の折、皆様もお風邪などめされませぬよう楽しい日曜日をお過ごしください。

こんにちは、

松浦です☆

度々のお知らせでございますが
10月20日〜23日まで不在を予定しておりますので
ご週末から週明けにご注文いただいたお客様には
大変ご迷惑をおかけいたしますが
10月24日以降に発送を手配させていただきます><
何卒ご了承お願い申し上げます。


さて、このところベルリンは
意外にも暖かで秋気爽快なお天気が続いており

今年はこのまま11月入りするのかしら...?
と、淡い期待を抱いております♫

昨日は、ご近所の皆さんと
近辺のパブに行っておりました。

今更ながら、
ブログに残しておきたいと思います^^





お店情報http://www.thelir.de/de/home.html


この↑ティアガルデンの戦勝記念塔からも徒歩わずか。

落ち葉舞う
夕暮れ時の散歩を兼ねた一杯のお酒が
とっても美味しくいただける
素敵なアイリッシュ•パブなのです^^

古い建物に絡まる蔦植物が良いですね。



それで...
昨日はそんなパブの中をじっと観察しておりますと
あるタイプの人々の存在に気が付いたのです...

というのは、
薄暗い店内の蝋燭の灯りの下で
グラスを傾けながら、
静かに2時間くらい本を読んで帰って行くお一人様方!
なのです。
まあ、なんと粋な事をしているんでしょう。


わざわざ騒がしい場所に来て
何故ここで本を読みふけるのか。

しかしその煢然たる雰囲気や
溜息すらも味方につけて
艶っぽさを漂わせているんですよ。
この手の人々は。



と、いう理由で
私の来年の抱負は
”一人パブ読書が自然にできる大人になる事...”
に決定いたしました。

そんな思案を巡らせながらも
私たちはわいわいと談笑し

色気も素っ気も無い
ドイツ盛りのフィッシュ&チップスを
堪能しました^^

ところで本日はまたまた
薔薇のアートが素晴らしい古書が
続々と入荷いたしておりますよ^^

ひとまず1冊を本日登録いたしました☆





http://archangel.ocnk.net/product/2382


















こんにちは

松浦です☆

新たなご縁より
ご用意できました。
古い薔薇の宝石箱を本日1点登録致しました♫





http://archangel.ocnk.net/product/2372

アンティークの宝石箱は、
当サイトでは月1回くらいの頻度でご紹介中でしょうか....
素敵なお品に出逢った時限定ですが
のんびりとご紹介しているのですよ♫

古いアクセサリーやロザリオ、
ガラスボタンやアンティークの写真を入れても
良いかもしれませんね

素敵な考えをあれこれ巡らせて
お楽しみくださいますように..


そうそう、
今週末は面白い古書を見つけて参りました。
なかなか重いお品でしたが
芸術の秋にぴったりの逸品でしたので
せっせと抱えて帰りました。

技術的芸術の歴史の本...とでも直訳しましょうか。





http://archangel.ocnk.net/product/2370

豪華な表紙も素敵ながら、
装飾的な品々のイラスト満載の内容に心を奪われます。

技術的芸術の歴史もまた人の歴史の分だけあるのでしょうね^^

適度に壊れやすく、時代遅れに成りやすく、
次から次に製産され、消費者に周期的に買い替えさせる事が理想の収益ともとれるような?昨今の技術に至るまでには

言葉や文字、線や色や形、それから音をつかって...
人の心の中の芸術を表現者が丁寧に形にするという
ありのままの技術があったわけです。

そんな事を思い出させてくれる
アートで心温まるアンティーク洋書です。
デザインの参考文献としてもご活用いただけそうですね。


ところで、
別件ですが久しぶりに素晴らしいカフェを発見しました。

1890年頃のタイルが彩る壁面や高い天井の装飾が素敵なカフェ。




ベルリンには古いカフェは結構あるのですが
このようなタイルの壁の店舗はあまり見かけません。
アンティークなので結構ひび割れたり、ところどころは壊れているのですよ。

でもなんでしょう...

手入れされつつも、まるごとの改装はしない。

“至れり尽くせり”ならぬ”不完全で行き届かない美”

それこそが
100年経っても粋で人の集まる空間を作り上げ
うす暗いベルリンの街と絶妙に調和しているんですよね...
アンティーク好きとしてはたまらないカフェです^^*



お店情報
http://www.arema-restaurant.de/

(ちなみに、WIFIも有りコーヒーもカスタマイズできサービスは現代的でした)




こんにちは☆

松浦です。

久しぶりの更新となってしまいました。

いつの間にやら、ベルリンのスーパーには
クリスマスのお菓子が陳列され始め
彩り鮮やかで楽しいクリスマスモードです。
私の大好きなシュトーレンも、もう並んでおります☆


それから朗報ですが
久しぶりにインゼル文庫の蝶々の古書が入手でき
只今登録しております♫






http://archangel.ocnk.net/product/2367

随分前にリクエストをいただきながらも
なかなか良い状態のお品に巡り会えませんでした。

1冊のみの入荷ですが美品ですので
お探しであった方は是非この機会にどうぞ^^


ところで、
10月も半ばとなり
猫達も冬に備えて
日々猫毛のもふもふを増しております。

それに伴って、
我が家では1日2回の床掃除が必要になってきました^^;


忙しいお掃除の最中は...


空きスペースを有効活用した猫収納に限ります。

※猫収納前の簡単ひと手間メモ※
天日干しか暖房でほかほかにした猫のお腹を満たせておくと
鎮静効果によって眠りへの導入が一層促進され
スムーズに家事を進行できるでしょう♫



こんにちは☆

松浦です。

9月はなかなかの古書が
続々と入荷しております。

ブログでご紹介をせぬまま、
直ちにお嫁入りを果たした美品も
キャンセル待ちのお声が重なった人気古書もございました。







今世の中に存在しているのが
奇跡的に感じられる
永久保存版の美ですね...

大切なご家族の遺留品やコレクションの整理品を
ご縁でお譲りいただける場合が多いので
アンティークショップで購入するより
或いはお求めやすいお値段でご提供できるのですよ。

まやかしでは...ございません^^


ところで、
今年はもうフランスへは行けないのですが

代わりにパリからの取り寄せ品が
時々入荷いたします♫

こちらなどを...
今登録中です!





アンティーク洋書とかけて
暇さえあれば
うっとりと鏡を覗き込む猫くんと解く...

その心は



”まあ、ニャんと美しい...!”
こんにちは☆

松浦です

昨日、
イラストページの素敵なカードの古書を見つけて参りました





見ると、
インゼル文庫のトランプの本の中にも掲載があるような
古いカードがたくさん紹介されております。



見返しページの版画?
この中世のカード工場のような光景
渋いですね
詳しくは商品ページから御覧下さい♫


http://archangel.ocnk.net/product/2282
新着の楽しい古本でした♫

古いカードの本はもう1冊、
事典並みの大作も入荷しておりますが
追って登録させていただきます。




ところで、
”渋い”で思い出しました。


ベルリンは今落ち葉が舞い、
日が暮れる時間も早くなり、一段と秋が深まっております。


そしてこの時期なんと
道路や公園には栗が落ちているのです!




この種類だと思うのですが



もう歩くのに困難なくらい
ごろごろ ごろごろと転がっており

それはもうおびただしい量の栗なのです!!

ワーイ. ヽ(' ∇' )ノワーイ.


という、
喜びも束の間

すかさず悲報が舞い込みました

ベルリンが今大量生産中のこの栗達は
いっこも食用ではない。。。


との事!!





そんニャ〜〜!!!
こんにちは☆

松浦です。

8月は大変有り難い事に予想以上に忙しく、
1回しかブログを更新せぬままに過ぎ去ってしまいました^^;


ベルリンはもうお庭に落ち葉がちらほら舞い始めました
いつの間にか9月になってしまったのですね♫

9月は暑からず、ドイツといえども寒すぎず
大好きな季節です。

最近、入れ替わりの激しいアンティーク洋書を並べるのに
結構時間が掛かってしまい申し訳ございません。

書斎に溜まりつつありました
植物画の素敵な古本洋書を今やっと少しずつ出品しております♫

ルドゥーテのバラ




1910年頃のヒーリング植物図鑑





インゼルの小さな花の本も
今回は運良く綺麗な状態の古いものが
入手できたので

割とすぐに再入荷登録できました^^




他にも植物関連の古書が入荷しておりますので
また今週登録いたしますね。

あ、日記に書くのをすっかり忘れていましたが
8月はプラハに古書を探しに少しだけ行っていたのですよ





お城の景色が素敵で
石畳に、建物の装飾や看板等
おしゃれ〜な街で、
観光客で大賑わいでした♫



そして、私は事前にチェックしていた古書店に何カ所か
行ってみたのですが^^

ん〜っ....

綺麗に整頓された古書店内に
面白い本はたくさんあったのですが
ちょっと予想していたよりは
本自体がジャンクな感じでして
仕入れ用の古書との出会いが少なかったのですよ

私の下調べが甘かったというのもあると思いますが...><
プラハの古書店はあのような感じなのかしら〜
と思いました。
しかしどの書店の店員さんも
とっても親切に対応してくださいました。

パリの古書店のような、
ごった返した山積みの本の中から
きらりと光る1冊を探し出す。。。
感じとはまた異なり
とてもお行儀の良い国なのだな〜という印象を受けました。


プラハは街中にたくさんの
アンティークショップ(古書は無し)もありましたね。

アンティークにはジャンクな感じがほとんどなく
綺麗に並べ飾られて格式高い感じの雰囲気でした^^













こんにちは☆

松浦です。

日本は台風がきておりましたね、
この時期だと稲が心配ですが....
ご影響の無い事をお祈り申し上げます。

ご紹介がおそくなりましたが、
先週はまたひとつ面白いご本がやってきました。



昔のイラストに包まれた
ミステリアスな1冊でございましょう。

オラクルカードの本とタイトルされるので
タロット占いのようにリーディングに使うのかなぁ?
と思ったのですが

実際にはあまり霊的な使い道は無く
カードゲーム(トランプ)の一種のようです。

1830年〜1832年の間に製造された
“Präciosa’s Orakelprüche “
というカードのデッキ36枚の写しが
このように紹介されます。


=Keine Lästerzunge schände Deinen guten Leumund


=Sei heute gesonnen wie gestern


=Aus schlichten Veilchen saugen Bienen Honig

プレーヤーが簡単には読めないように
単語の一部とイラストが混ざっております。

なぞなぞ的、読解をするようですね。

ちなみに詳しいゲームのルールは本書の中に載っておりましたので
ご興味ある方は御覧になってみてください^^



ーー追伸ーー
本書の販売は終了いたしました。
御覧いただき誠にありがとうございます。








こんにちは☆

松浦です。

今週末の蚤の市より
お人形さんのような絵の素敵な古書がいくつか入荷致しました♫










赤いご本と白っぽいご本、
に見えますが...!

古書の市で出逢った時は
それはもう真っ黒の?
化石状態でして...

松浦がそれぞれ1時間程かけて拭き、





猫はその様子をあたたかく見守っておりました。


その甲斐あって
古書達はついに、だいたいの色を取り戻しましたっ^^;

これできっとまた
どこかで可愛がっていただける事でしょう♫


ところで最近、
アジアやアメリカにお住まいの方々からも
ご注文を承るご縁が増えました。

日本の銀行口座にお振込いただくこととなりますが
ここドイツから各国への郵送は
日本への送料と同じ送料で承れますので
是非お問い合わせください。





こんにちは☆

松浦です。

ワールドカップも終了し
余韻に浸っている人々は大勢いるものの
あっという間に夜の静けさを取り戻したドイツです。

昨日は優勝を祝して送料無料日とさせていただきましたが
たくさんのご利用をいただき誠にありがとうございました^^

何か良い事があった時など
当サイトカートからの購入品限定で送料無料日を発表しておりますのでどうぞお見逃しなく...


ところで、
買い付け直後に出品しておりました
こちらのインゼル文庫ですが...








しつこいぐらい店主ゴリ押しの
唖然とする美しさのデューラーの絵が...
中世、神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世の為に制作された
写本の装飾となっており
その一部を紹介する1冊です 。

他の画家も制作に関わっていましたが
本書ではデューラーの絵が24図版載っております。

詩篇の言葉を美しく彩るのは
いろいろなタイプの天使や空想上の生き物に植物。

特に美しいページが選出されたのでしょうか。
それとも全ページこんなに素晴らしいんでしょうか。

デューラーの絵と共にこの本に
載っている言葉の解説もあります。

例えば1ページ目=詩篇46篇 
”神はわれらの避け所…”等のように
ピンとくる番号がございますので番号から日本語訳を
お探しになって照らし合わせるととても面白いですよ。

神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世は
彼を庇護した君主であったと言われております。

庇護....?
つまり芸術家を支援するスポンサーだった
という事でしょう。

このような
画家×スポンサーのお金持ちor 偉い人の
ギブ&テイク形式は

ミケランジェロと歴代ローマ教皇などように
イタリアの芸術界では自然に行われた事かもしれませんが
当時のドイツでは先駆けだったのではないでしょうか

優れた芸術家達がお金の工面に苦労せずに
制作に没頭できるという環境って...
現在十分整っているのでしょうか。

ルネサンスの時代のエネルギーを感じずにはいられない
素晴らしい古書ですねぇ...
ドイツでも頑張ってくれてどうもありがとうございましたと言いたいです。



http://archangel.ocnk.net/product/2134

ーー追伸ーー
本書、SOLD OUT になっておりますが
実は2冊同時に入荷しておりもう1点未登録品があるので
明日には再出品したいと思います☆

ーー追伸ーー
両方SOLD OUTとなりました。
御覧いただき誠にありがとうございました。








本日入荷の人気古書

こんにちは☆

松浦です。

ベルリンはおかしな天気続きです。
7月だというのに土曜日も日曜日も夕方突然雹が降ってきました!

晴天で気持ちの良いお天気の中、
黒くてゴツい雲が現れたかと思うと雷が鳴り
小石並の雹がスコールの如くザーーーーっと降り
15分くらいでまた日が照るというツンデレぶりです。

それにしても、
雹でもランニングを続行する通りの人々、痛く無いのでしょうか。

ところで、
今朝は久しぶりに、あの”チェスの駒のご本”が
再入荷しました。




http://archangel.ocnk.net/product/2133


10世紀に渡る芸術的なチェスの駒 とその歴史を
45点のモノクローム写真で辿る事のできるロマン溢れる古書です。

3世紀、エジプトで使用された駒から
1900年代の駒まで写真の掲載がございます。

駒の素材もセラミック、ガラス、金、銀、翡翠など様々です。


古くは
古代ギリシャの詩人ホメーロスのオデッセイアの中で
既にチェスに似た様なボードゲームが登場していたり、

現在のチェスに近いものはおそらくインド発祥の後
各国に伝わった事、

ヨーロッパではまず
10〜11世紀にスペイン、イタリアにやってきて
1200年代にはヨーロッパ各国に広まった事

像が馬に代わったり、
ギリシャ神話の神のモチーフであったり、
ある国ではペンギンやホッキョクグマの駒があったり、

また
戦争中は対戦国相手をイメージしたものに取って変えられていたり
割と近代的なものなんかは
太陽や星、望遠鏡やロケットが駒になっていた事等


チェスの駒のモチーフが時代の流れにあわせ
これでもかというほどの変化を遂げてきた事がよくわかります。

もっとも
現在でも英語圏では歩兵なのにドイツでは農民であったりと、
モチーフの意味が全然異なっていたりして完璧に統一されてはいないようなのですが。


ヨーロッパにチェスが伝わった頃は
キリスト教教会はこのゲームが民に広まり
人々が物を考え始めるようになる事を良いようには思っていなかったそうです。


(要らんこと覚えんと
 だまって言う事聞いて働いておれば良い!という)

トランプのそれと同じ様な経過をやはり辿っていたのですね。
海を越え、その後も様々な障害を越えて、
常に変化しながら現在の形となった”チェス”。

もしかすると今後も時代を反映させながら、
チェスの駒は進化し続けるのでしょうか?




こんにちは☆

松浦です。

本日は週末の骨董市にて出逢えました
素敵なアイテムを
またまとめて登録いたしました。

この間の
香水瓶3点


をきっかけとし
思いつきで始まりました。


細々アイテムのセット出品です☆






http://archangel.ocnk.net/product/2113

トレー、ベル、グラスなどの5品がセット...

なんとも、
まとまりがございませんね!

それもそのはず、


”コレ、なんだか素敵〜♫”と、

私にひとつひとつ掘り起こされ、
行き当たりばったりに捕獲された
セレクトアイテム達です。


いえ、
むしろまとまりが無いからこそ
様々なシーンで多様にご活用いただけるかも!
と、後付けで思いました。


メインのアンティークに添えて飾ったり...
花器にしたり...

置き場を考えてキャッキャしてしまうのは
私だけでしょうか。

工夫すれば何か良い居場所を与えてあげられそうな
”魅惑のガラクタ達”

と呼べばちょっと失礼ながら

何となくそこに在るだけで
心癒される小さなアンティーク達です♫

ーー追伸ーーー
なかなか格好良い
シェイクスピア選集も入荷いたしました☆

本書第2巻には、
ロミオとジュリエットやハムレットなど
真っ先に思い浮かぶ戯曲がはいっておりますよ。


http://archangel.ocnk.net/product/2115
こんにちは☆

久しぶりに登場しました。
松浦の猫です。



店主に代わって
ひとりごと日記を書きますニャ。

今日は久しぶりに30℃いきましたから
猫なりに
テーブルの下に身を潜め
このように暑さを凌いでいるのです。

そんな
テーブルの上では今
我々の大好きな鳥!の古書が並べられ
写真を撮られてれている様子。

ガサゴソ気になって、
もう寝られやしニャい。





で? お次は何かニャ。

チラ





あ〜キノコ....ね。
食べやしませんよ。


が、
猫とキノコのコラボと言えばですね。

こんな素敵なアートの本が
日本にはあると聞きました。

僕と兄にそっくりじゃありません?




http://www.excite.co.jp/News/photo_news/p-2044195/


(兄) 呼んだ...?




こんな、きのこの手下どもニャら
微妙に欲しいですニャ〜













こんにちは☆

松浦です。

今日はしとしと雨で朝の気温が13℃のベルリン。
ちょっと寒いです



そろそろ
古書巡りに出かける時間ですが....
もうしばらく降らないで耐えてほしいですね 

ところで最近
こんな1冊を登録いたしました♫

本当にいろいろなデザインで登場しております
”ゼッキンゲンのラッパ吹き”なのですが

本書はひときわ豪華ですね。

画家さんによる本格的な
イラストページもございます☆





詳しくは商品ページより....↓
http://archangel.ocnk.net/product/2064


そうそう、

こんな寒い日は....
パソコンの前がダブル湯たんぽになっています。